在校生からのメッセージ

他の学校では、体験できない豊富なプログラム

私がとわの森通信制課程を選んだ理由は、無理のないペースで通学できることと、酪農・農業について学べるということでした。他の学校では、体験できないプログラムが豊富なのも決め手の一つ。不安な気持ちを抱きつつ学校見学に行った時に、一人ひとりがしっかり尊重されている授業の様子を見ることができたことで、不安な気持ちもどこかに飛んでいったと思います。とわの森通信制課程は、通信制高校っぽくない授業がたくさんあります。土に触れて泥だらけになることなんてほとんどなかったけど、農場での「アグリトライ」は、苗作りからはじめる農業の授業で、毎回、新鮮な気持ちで取り組むことができます。通信制高校は、人との関わりが薄かったり、友達ができないっていうイメージでしたが、実際に入学してみると、良い意味で裏切られました!今まで抱いていた不安とは正反対に、友達もでき、楽しい高校生活を送っています。
もし、全日制高校に通っていて、つらさを感じ退学しようとしているのなら、“通信制高校”っていう学びの場があることを、もっと知ってほしいと思います。無理してつらい環境に留まる必要なんてありません!それで自分自身が潰れてしまうより、新しい環境で高校生活を送るほうが、ずっと良いと思います。すべての思いを受け止めてくれる学校が、とわの森通信制課程です!

伊賀 千沙都 通学コース2年生


食品加工はいつも楽しみにしている授業の一つです。

地元である埼玉県から離れて、北海道の大自然の中、植物や動物などに触れることができる授業に魅力を感じ、とわの森通信制課程を選びました。実際に入学してみると、初めて取り組むことばかりで驚きの連続です。農場でのアグリトライはもちろん、北海道の食材を使用した食品加工はいつも楽しみにしている授業の一つです。集中スクーリング後半には北海道研修があります。1泊2日で北海道のいろいろな地域を訪れ自然体験や調理体験も、本州から参加している私にとっては、すべてのプログラムが初めてのことばかりです。集中スクーリングがあっという間に終わってしまうので、早く次のスクーリングが来ないかと心待ちにしています。
 学ぶ環境を少し変えるだけで高校生活がこんなにも楽しくなるんだと心から思います。北海道と聞くとちょっと遠いのかなって思う人も、とわの森通信制課程の授業を体験すると一変すると思います。とわの森通信制課程と出会えたことに感謝です!

橋本 詩織 通信コース3年


卒業生からのメッセージ

不安や悩みについて先生たちがいつでも相談に乗ってくれました

体調に自信のなかった高1年生の時に、とわの森通信制課程を知り転学してきました。はじめは通信制高校の学習の進め方がよく分からず悩むこともありましたが、先生たちが授業や放課後にサポートしてくれて助かりました。少人数だと学校行事や特別活動に物足りなさを感じる人もいると思いますが、私はとわの森通信制課程の雰囲気が自分にちょうど良く居心地が良かったです。体験型の授業も毎週あるので、登校日がいつも楽しみでした。
卒業後の進路に悩んでいた時、自分のことのように一緒に考えてくれたことに感謝しています。今は幼稚園教諭を目指し忙しい毎日を過ごしていますが、将来の目標を見つけることができたのも、とわの森通信制課程で学ぶことができたからだと思います。今の学校生活に不安や悩みを抱えていたら、いつでも相談できるのがとわの森通信制課程の先生たちです。この学校に出会えたことに感謝します。

三星 春菜さん (2016年度卒業)
札幌国際大学短期大学部幼児教育保育学科2年


本当の意味でひとりひとりを理解し寄り添ってくれた先生たち

僕はとわの森通信制課程に2年生の途中から入学しました。馴染めるか不安でしたが、何の隔たりもなく自分を受け入れてくれました。そこにはありふれたものではなくもっと深い絆やつながりがあったように感じます。先生方は教師の立場としてではなく、本当の意味でひとりひとりを理解し寄り添ってくれました。1年生の初めから入学していれば良かったと心の底から思いました。
 自分たちで育てた野菜を使い調理する食品加工では食物への感謝の気持ち、礼拝では、日常の中にある“当たり前”を重んじることを学びました。果物狩り、ラフティング、クリスマス祝会、餅つきなどのイベントは、季節を存分に感じることができました。すべて体験が貴重で、そして今後活きてくるものでした。
 自分は今、酪農学園大学で農作業の実習をしています。ここでの経験を活かし実習では先導して行うことができています。将来は農業科の教師を目指したいと考えています。

稲石 楓季さん(2016年度卒業)
酪農学園大学農食環境学群食と健康学類2年


他の通信制高校にはない自然の中での体験型授業

通信制高校を中心に進学先を考えていた時、母からとわの森三愛高校通信制課程を紹介してもらい興味を持つようになりました。
いろいろと調べてみると、他の通信制高校にはない自然の中での体験型授業に魅力を感じ、入学を決めました。

実際に入学して再認識したことは、とわの森三愛高等学校通信制課程でないと取り組むことのできない授業が多く、とても楽しかったです。
中でも農業体験授業の『アグリトライ』で収穫した作物を、食材として調理したピザの味は忘れられません。また、少人数制指導の中国語も、とても楽しかった授業の一つです。

2016年4月からは、もっともっと『農』と『食』にこだわった専門知識を深めるために酪農学園大学に進学しました。
大学でも、アグリトライにつながる授業が行われているのでこれまでの経験を活かし積極的に取り組んでいます。  
学校生活の中でさまざまな悩みにぶつかり自信を失いかけていた私を、いつも先生が自分のことのように支えてくれたおかげで、自信を取り戻し、充実した高校生活を送ることができました。
とわの森三愛高等学校通信制課程に出会えて本当に良かったと、感謝の気持ちでいっぱいです。

新保 文菜さん(2015年度卒業) 江別市立江陽中学校 出身
酪農学園大学 農食環境学群食と健康学類2年


PAGE TOP