在校生からのメッセージ

アグリトライや食品加工などプログラムがいっぱいでとても楽しく学んでいます

自分の時間を大切にしながら高校卒業を目指すことができるのが通信コースを選んだ理由です。自宅で学習するレポートも集中スクーリングで親身に教えてもらえるので助かります。北海道研修では、道内各地でいろいろな体験ができるのも楽しみの一つです。登校日数が少ないことに不安を感じるかと思いますが、いつでも学習サポートや相談ができるのも心強さを感じます。2週間の集中スクーリングの中に、アグリトライや食品加工などとわの森通信制課程だからできるプログラムがいっぱいでとても楽しく学んでいます。他とは違う体験ができる通信制高校はとわの森通信制課程だと思います。

竹内 悠さん 通信コース2年生


あたたかく迎え入れてくれたことで自分自身の心の曇りが一気に晴れました

とわの森通信制課程を選らんだ一番の理由は教室の雰囲気でした。あたたかく迎え入れてくれたことで自分自身の心の曇りが一気に晴れました。少人数で行う授業は、いつも先生方が用意してくれるテーマを楽しみにしています。また、体験型授業に毎週取り組めることも選んだ理由の一つです。体を動かすことが大好きなので、体育はもちろん、アグリトライやフィールドワークはいつも休まず参加しています。もし、今の学校生活に悩んでいる人がいたら、とわの森通信制課程の先生方を頼ってください。自分のことのように受け止めてくれます。解決の道はすぐに近くにあることに気づくはずです。

金田 佳大さん 通学コース3年生


卒業生からのメッセージ

不安や悩みについて先生たちがいつでも相談に乗ってくれました

体調に自信のなかった高1年生の時に、とわの森通信制課程を知り転学してきました。はじめは通信制高校の学習の進め方がよく分からず悩むこともありましたが、先生たちが授業や放課後にサポートしてくれて助かりました。少人数だと学校行事や特別活動に物足りなさを感じる人もいると思いますが、私はとわの森通信制課程の雰囲気が自分にちょうど良く居心地が良かったです。体験型の授業も毎週あるので、登校日がいつも楽しみでした。
卒業後の進路に悩んでいた時、自分のことのように一緒に考えてくれたことに感謝しています。今は幼稚園教諭を目指し忙しい毎日を過ごしていますが、将来の目標を見つけることができたのも、とわの森通信制課程で学ぶことができたからだと思います。今の学校生活に不安や悩みを抱えていたら、いつでも相談できるのがとわの森通信制課程の先生たちです。この学校に出会えたことに感謝します。

三星 春菜さん (2016年度卒業)
札幌国際大学短期大学部幼児教育保育学科1年


本当の意味でひとりひとりを理解し寄り添ってくれた先生たち

僕はとわの森通信制課程に2年生の途中から入学しました。馴染めるか不安でしたが、何の隔たりもなく自分を受け入れてくれました。そこにはありふれたものではなくもっと深い絆やつながりがあったように感じます。先生方は教師の立場としてではなく、本当の意味でひとりひとりを理解し寄り添ってくれました。1年生の初めから入学していれば良かったと心の底から思いました。
 自分たちで育てた野菜を使い調理する食品加工では食物への感謝の気持ち、礼拝では、日常の中にある“当たり前”を重んじることを学びました。果物狩り、ラフティング、クリスマス祝会、餅つきなどのイベントは、季節を存分に感じることができました。すべて体験が貴重で、そして今後活きてくるものでした。
 自分は今、酪農学園大学で農作業の実習をしています。ここでの経験を活かし実習では先導して行うことができています。将来は農業科の教師を目指したいと考えています。

稲石 楓季さん(2016年度卒業)
酪農学園大学農食環境学群食と健康学類1年


他の通信制高校にはない自然の中での体験型授業

通信制高校を中心に進学先を考えていた時、母からとわの森三愛高校通信制課程を紹介してもらい興味を持つようになりました。
いろいろと調べてみると、他の通信制高校にはない自然の中での体験型授業に魅力を感じ、入学を決めました。

実際に入学して再認識したことは、とわの森三愛高等学校通信制課程でないと取り組むことのできない授業が多く、とても楽しかったです。
中でも農業体験授業の『アグリトライ』で収穫した作物を、食材として調理したピザの味は忘れられません。また、少人数制指導の中国語も、とても楽しかった授業の一つです。

2016年4月からは、もっともっと『農』と『食』にこだわった専門知識を深めるために酪農学園大学に進学しました。
大学でも、アグリトライにつながる授業が行われているのでこれまでの経験を活かし積極的に取り組んでいます。  
学校生活の中でさまざまな悩みにぶつかり自信を失いかけていた私を、いつも先生が自分のことのように支えてくれたおかげで、自信を取り戻し、充実した高校生活を送ることができました。
とわの森三愛高等学校通信制課程に出会えて本当に良かったと、感謝の気持ちでいっぱいです。

新保 文菜さん(2015年度卒業) 江別市立江陽中学校 出身
酪農学園大学 農食環境学群食と健康学類1年


成長が実感できる学校がとわの森通信制課程です

中学校の頃、なかなか通うことができなかった時期があり、そんな時、母がとわの森通信制課程を勧めてくれました。印象的だった授業は、毎週火曜日に実施していた体験型授業です。
教室だけでは行う授業ばかりではなく校外でのアグリトライなどは、日頃なかなか体験できない自然に触れることができる貴重な経験でした。“とわの森通信制課程ならでは”を実感できた授業でした。

私は環境デザインを学び、将来は美術の教員を目指し教育実習で母校に帰ってきました。
生徒として過ごした時間と、教師として過ごす時間の長さはまったく違いますが、毎日が新鮮で中身の濃い貴重な3週間を送ることができました。
現在は、卒業の研究として、私の地元である江別市の旧江別小学校のリノベーションをテーマに日々取り組んでいます。

さまざま思いを持ってとわの森通信制課程に入学する人、入学を考えている人がいると思います。とわの森通信制課程は、成長を実感できる学校です。希望を持って飛び込んでみてください!!

日影舘 美樹さん (2013年度卒業) 筑波技術大学 産業技術学部総合デザイン学科4年

PAGE TOP