酪農学園産大豆で自家製豆腐を作りました

6月最初の食品加工は、酪農学園で生産収穫した大豆をつかった自家製豆腐作りです。

豆腐作りは、ほとんどの生徒が初体験。
ミキサーで大豆を細かくし火にかける作業は、温度管理が命!
温度計を鍋に立てしっかりと測りながら作業を進める生徒の表情は真剣そのもの。

にがりを入れ凝固してきたら、豆腐型に移します。
重石を置いてしばらく待つと、自家製豆腐の完成!

出来上がったばかりの自家製豆腐は、
素材そのもののおいしさを味わえるよう冷奴でいただいたり
麻婆豆腐にしていただいたりと、美味しく自家製豆腐を満喫しました。
残ったおからも余すことなく“卯の花”やおからドーナツを調理し
すべての食材を食べきりました!

次回の食品加工が楽しみですね!

PAGE TOP