熱々のおでんとじゃがバターを皆さんに食べてもらいました 学園内農産物販売会

酪農学園では、高校生・大学生の皆さんが実習の中でたくさんの農作物を育てています。 今回は、その生産された農産物の販売会にとわの森通信制課程も参加しました。 とわの森通信制課程が提供したものは、 販売会に来てくれた人たちへのサービスとして用意した熱々のおでんとじゃがバターや焼きとうもろこし、焼き芋です! 大釜で調理したおでんは、来場者の方々に大好評! 買い物を終えた方々が...

続きを読む

圃場整理を行いました アグリトライ

朝夕の寒暖差を感じるようになった10月、最後の収穫と圃場整理を行いました。 2018年度は低温と長雨に見舞われることが多かったアグリトライ。 収穫したたくさんの作物は、生徒たちみんなで分けて持ち帰ってもらいました。 カボチャはしばらく乾燥棟で保存し、この後の食品加工で利用します。今年も美味しい作物が実ったことに感謝です! 来年はどんな作物を育てようか今から悩む生徒たちでした♪...

続きを読む

酪農体験を行いました アグリトライ

「農」と「食」の体験型授業にとことんこだわっているとわの森通信制課程。 今回のアグリトライは酪農体験を行いました。 酪農学園キャンパスには高大連携のインテリジェント牛舎があり、子牛から成牛が学生たちの手で管理・育成しています。 全員、作業着と長靴に履き替え、牛舎での授業が始まります。ここで育てられている牛の品種や牛乳が製品になるまでの紹介や牛それぞれの個体について説明など、ここでしか学ぶ...

続きを読む

動物愛護フェスティバルでオニコロ販売!

9月23日(日)、酪農学大学中央ローンを会場に行われた「動物愛護フェスティバル」で今年最後のオニコロ販売を行いました。 多くの愛犬家が集う動物愛護フェスティバルでのオニコロ販売を 毎年楽しみにしてくれている来場者も多く、いつもお昼過ぎには売り切れてしまう大人気商品です。 今回は、500個限定で準備。 朝早くから生徒たちが集まりオニコロ作りがスタートしました。 オニコロは、7/2...

続きを読む

アグリトライ体験を行いました!

「農」と「食」の体験が授業にとことんこだわるとわの森通信制課程で、アグリトライ体験を行いました。アグリトライ体験は、参加者(当日は中学生と保護者の方々)が在校生と一緒になって通常授業を受ける体験イベントです。 当日は、天候にも恵まれ圃場(農場)での収穫体験を行いました。圃場にはちょうど収穫時期を迎えた作物が溢れるくらいに実り、参加者はカゴいっぱいに収穫を楽しんでいました。 収穫体...

続きを読む

授業再開!

9/6(木)未明に発生した胆振東部地震では、校舎を構える江別市も停電や断水となり不安な思いで過ごす日々が続きましたが、とわの森通信制課程も通常の学校生活を取り戻し授業が再開しました! 久しぶりに集まった生徒たちは、たくさんの笑顔とみんなの元気な姿を見た安心感で表情が和らいでいました。無事に生徒たちが教室に集うことができたことに感謝の思いが胸に溢れました。復旧・復興はまだまだこれからです。少し...

続きを読む

秋の宿泊研修に行って来ました!

とわの森通信制課程では、北海道の大自然を満喫する体験プログラムが特色の一つです。 今回は、倶知安・ニセコにお邪魔して秋の宿泊研修を実施しました。 一日目のプログラムは、倶知安町にある「冒険家族」さんにお世話になり、筏作り体験を行って来ました。 参加した生徒たちの多くは、ラフティング経験はありますが、筏?作りはみんな初めてです。 冒険家族のスタッフの方々と一緒に、竹やベニヤ板、ゴムチュー...

続きを読む

収穫した作物を美味しく調理!

先週8/21に収穫したブルーベリーと圃場で育てている作物をつかって食品加工を行いました。 一品目は、完全無農薬で栽培されたブルーベリーはジャムに加工。 添加物は一切使わず、砂糖も天然素材を用意。 体に優しいジャムを作りました。 二品目は、圃場で収穫した作物をつかった夏野菜ミートソースパスタを調理。 自分たちで圃場からナス・ピーマン・ズッキーニを収穫。 こちらの作物もブルーベリーと同...

続きを読む

ドローンを活用した授業を行いました

「自分たちの位置情報を空撮したデータで学ぶ」をテーマに、ドローンを活用した授業を行いました。 全国通信制高校でも随一の広さを誇る酪農学園キャンパス内でドローンを飛ばし空撮。 生徒たちも操縦体験をしながら、位置データの情報を学ぶ資料つくりに取り組みました。 ドローンを活用した今回の授業は、「社会と情報」です。次回の授業では、撮影したデータを分析し位置情報について学びます。 ...

続きを読む

ブルーベリー収穫に行って来ました

とわの森通信制課程恒例のブルーベリー収穫体験を行いました。 お世話になるのは、長沼町にある麻田農園さん。 麻田農園さんは、化学肥料を一切使用せず発酵鶏糞や米ぬかなどの有機肥料のみで作物を育て、2013年には有機JAS認証も受けているほど、自然栽培にこだわっています。 到着後、麻田農園さんより、当農園で栽培している作物や長沼町についての説明・紹介をしてもらい、早速、収穫体験へ。 私たちがアグ...

続きを読む

12345...10...
PAGE TOP