富良野宿泊研修に行って来ました!

北海道の大自然を満喫する体験プログラムが満載のとわの森通信制課程。
7月2日より、一泊二日で富良野へ宿泊研修に行って来ました。

一日目の体験プログラムは、南富良野でのラフティング。
出発当初、悪天候が心配されましたが
南富良野到着の頃には、晴れ間が見える絶好のラフティング日和!

ほどよい川の流れに身を任す生徒やダイブする生徒、
それをボートの上から楽しそうに見ている生徒
みんながそれぞれ一日目の体験プログラムを満喫。
北海道の初夏らしい新緑がとてもまぶしく感じるラフティングでした。

宿泊先は
ハイランドふらのさんとカミホロ荘さんにお世話になりました。
宿泊先に着いた途端、
「温泉に入りた~い!」と、大浴場へ直行!
汗を流した後の夕食でのみんなの表情は、“楽しい!”が溢れ出るように感じられました。

夕食後の自由時間は、
男女とも、カードゲームや他愛もない話題で盛り上がり
あっという間に一日目が終わりました。

二日目は、富良野麓郷での渓流フィッシング体験です。

「家族で釣りに行く」「海釣りはやったことがる」という経験者もいれば、
「渓流釣りやってみたかった!」「初めてで釣れるか不安…」など初めの生徒もいたり、
スタート前からいろいろな声が聞こえてきます。

上下流にそれぞれポイントを求めて、渓流フィッシングがスタート!
始まって早々、最初に釣り上げたのは2年担任の増廣先生。

約2時間の渓流フィッシングでしたが、
一番多く釣った生徒は何と4匹!
約90名の生徒のうち、釣果があったのは1/3ほどでしたが、
4匹を釣り上げた強者もいました。

釣り終わった後は、スタッフの皆さんが事前にニジマスを焼いてお出迎え。
熱々のニジマスの味も想い出になりました!

体験プログラムにこだわるとわの森通信制課程らしく
中身の濃い思い出に残る富良野宿泊研修になったと思います。

1年生は、入学してから初めての宿泊プログラム。
2年生にとっては、沖縄研修旅行につながる宿泊プログラム。
3年生にとって、高校生活最後の宿泊プログラム。

たった2日間の宿泊プログラムですが、
どの学年の生徒たちも成長を感じることができる体験になったはずです。
楽しい思い出を胸に、もっともっと体験プログラムを満喫していきましょう!

とわの森通信制課程は、校内外でのさまざまな体験プログラムを実施しています。
北海道の大自然にこだわった体験プログラムは、
生徒・保護者の満足度も、高い評価をいただいています。
「高校卒業を目指す」+「他とは違った体験」ができるのは、
とわの森通信制課程だけです。

お気軽にご見学・お問い合わせください。

PAGE TOP