もう一つの別れ

卒業証書授与式では卒業生との別れともう一つの別れがあります。
それは、保護者の方々との別れです。
今回は、卒業生の保護者の方からいただいた言葉をお伝えします。

「高校進学の際、先生方と出会わなければこんな素晴らしい日を迎えることはできなかった」
「一緒に苦労した日々を思い返すと…、寂しいです」
「思っていた以上に、親子で楽しめました!」
「中学校の頃の辛い日々から開放してくれたのが、とわの森通信制課程でした」
「いろいろな学校に相談に行きましたが、一番親身に相談に乗ったくれたがとわの森でした」
「日々、息子がたくましくなっていくのが実感できた三年間でした」
「とわの森での取り組みをもっともっとたくさんの人に知ってもらいたい」
「学校に行きたくないという言葉を卒業まで一度も聞きませんでした」
「こんな楽しい高校生活を送ってくれるとは予想できませんでした」
「人生経験豊富な先生方に恵まれ、保護者としても安心できました」
「入学した時の姿が思い出せないくらい、今の姿が当たり前になりました」
「熱い気持ちを持った先生に出会えて感謝です」
「娘が大学生になるなんて信じられません、ありがとうございます」
「子どものペースで気持ち良く通うことができました」
「子育てに自信を失っていた頃、とわの森と出会うことができ感謝の気持ちでいっぱいです。自信を取り戻すことができました」

飾られることのない一つ一つ言葉には、
高校進学する前に抱えていたさまざまな不安や悩み、葛藤を乗り越え卒業を迎えることができた保護者の方の熱い思いが伝わっていきます。

家族みんなで勝ち取った“卒業”の重みを胸に、
明るい未来に向かって羽ばたいてください。
ご卒業おめでとうございます。

PAGE TOP