秋の宿泊研修に行って来ました!

とわの森通信制課程では、北海道の大自然を満喫する体験プログラムが特色の一つです。
今回は、倶知安・ニセコにお邪魔して秋の宿泊研修を実施しました。
一日目のプログラムは、倶知安町にある「冒険家族」さんにお世話になり、筏作り体験を行って来ました。

参加した生徒たちの多くは、ラフティング経験はありますが、筏?作りはみんな初めてです。
冒険家族のスタッフの方々と一緒に、竹やベニヤ板、ゴムチューブを組み上げ筏を作りましたが、どの班も同じ設計のはずが…、微妙に何かが違います…。
出来上がった筏を車に積み込み、いざ尻別川へGO!


川の水はびっくりするくらい冷たい中でも、
生徒たちは何のためらいもなく筏に乗込み川下りがスタート!
川に筏を浮かべてみると、傾いてたり…、すでに沈みかけているものもあり…
少々、不安な船出となりましたが、そんな不安も吹っ飛ばすくらいに生徒たちは、川下りを満喫しました。

二日目のプログラムは、ニセコビレッジさんにお世話になりました。
体験したプログラムは、
雄大に広がる深緑の中を颯爽と飛ぶジップライン。
総延長1400mのエリアに張りめぐらされたラインを使って、上空を縦横無尽に飛び回る国内No.1のロングスケールです!
生徒たちも気持ちよくニセコの森を飛んでいました。
当日は台風による強風が心配されましたが、
終始、穏やかな天候の中、
秋の宿泊研修も、
北海道の大自然を思いっきり満喫する体験プログラムを楽しむことができました。

PAGE TOP