第1期集中スクーリング

2018年度最初のスクーリングが5月14日(月)~18日(土)に行われました。参加した通信コースは、1週間という限られた時間の中で、とことん「農」と「食」の体験型授業を満喫しました。「食品加工」では、昨年に圃場で収穫した大豆を材料に豆腐作りを実施。大豆そのままの風味豊かな豆腐ができました。出来上がった豆腐は、みんなで麻婆豆腐丼にして美味しくいただきました。「アグリトライ」では、苗を定植する準備として、畝立てとマルチ張りを行いました。日が差す好天に恵まれましたが、風が強く、みんな四苦八苦していました。体育の授業は、全国大会常連の女子ソフトボール顧問:永木先生の指導の下、ソフトボールを体験。
集中スクーリングの後半は、1泊2日で実施する北海道研修へ。
今回は、富良野での春ラフティングと渓流釣りを体験しました。雨が降り気温も低い中、北海道の大自然を思いっきり満喫していました。
20180515集中①021豆腐づくり_R 20180517集中①091体育_R 20180518集中①117空知川ラフティング_R 20180518集中①120空知川ラフティング★_R
とわの森通信制課程には、生活スタイルに合わせて選ぶことができる2コースがあります。今回紹介した通信コースは、自宅学習を中心に年6回実施する集中スクーリングから2回参加し、必要な出席時数を満たし高校卒業を目指すコースです。登校日数は、最短・最小限ですが、それぞれの集中スクーリングでは、酪農学園付属高校ならではの体験型授業や北海道の文化や自然を満喫できるプログラムが皆さんを待っています。

全国から入学(※一部不可の府県あり)できるとわの森通信制課程で、
北海道の大自然を学びにフィールドに、高校卒業を目指してみませんか。
各地域で相談会を実施・参加しますので、お気軽にご参加・お問い合わせください。

PAGE TOP