入学式を執り行いました

4月14日(土)、とわの森通信制課程の入学式が執り行われました。
緊張した表情でホームルームに入ってくる新入生から、初々しさとともに新しい学校生活への期待も感じられました。

とわの森三愛高等学校の入学式は礼拝形式で行われます。
通信制課程も同様にパイプオルガンの演奏で入堂しました。
宗教主任 肥田先生の招きの言葉が,入学式の厳粛な雰囲気をより一層高めます。

20180414入学式074_R 20180414入学式065_R

西田丈夫校長の式辞では、
「激動する社会情勢の中、求められるのは個性や人とは違う経験をした人材です。酪農学園での高大連携したプログラムで、他では味わうことのできない体験・経験をたくさん積んでくさい。」
谷山弘行酪農学園理事長からは、
「酪農学園の歴史は通信教育とともにあります。皆さんがこのキャンパスで太陽の下、土にまみれながらアグリトライに取り組むことを期待しています。」
と、激励の言葉をいただきました。

新入生たちも、今日集うことができた喜びを実感することができた入学式となりました。

式後、
ホームルールでは担任 増廣健太先生より学校生活についてのオリエンテーションが行われました。
4月16日(月)より、とわの森通信制課程での学びが本格的にスタートします。
新入生を加えて新しい風が吹いているとわの森通信制課程で、「農」と「食」の学びを、
とことん取り組んでいきましょうね!

20180414入学式095_R

PAGE TOP